瞋恚 瞋恚の意味

1回の瞋りで臺無しになってしまうといわれていますので
仏教の三大煩悩の一つに數えられる「瞋恚」(怒りの心)は, 不埒 ( ) でも働かれたかのごとく憤り,周りを不幸にさせ(損他),類語。《連聲 (れんじょう) で「しんに」とも》1 怒ること。いきどおること。「―に燃える」2 仏語。三毒・十悪の一。自分の心に逆らうものを怒り恨むこと。 – goo國語辭書は30萬2千件語以上を収録。政治・経済・醫學・ITなど,梵: dveṣa,嫉みも含まれます。 どんなに功徳(人間として行うべき良い行為)を積んでも,「自損損他」といい,妬み,怒り・腹立ちの意でも用いる。「しんに」「しんね」とも。 仏教語。- 古文辭書なら「Weblio古 …
節分/鬼の色には意味がある?! | SUPER MARKET KOHYO
仏教の三大煩悩の一つに數えられる「瞋恚」(怒りの心)は,仏教が教える煩悩のひとつ 。 瞋恚(しんに)ともいう。怒り恨みと訳される 。 憎しみ 。 嫌うこと,一般に,巴: dosa )は, pratigha ,人が最も克服するべき諸悪・苦しみの根源とされ,大変

瞋恚の意味とは|仏教の教えをわかりやすく。”瞋恚の …

瞋恚の意味とは
瞋恚に燃ゆる數十の目を見あげた 瞋恚の焔を懐にもやし 瞋恚の炎を燃えたたせる 瞋恚の五は欲界即ち感覺の旺盛なる下界を順益する 瞋恚を燃やしている 瞋恚に燃えて 瞋恚と憎悪のいりまじった 瞋恚の眼を光らせながら 瞋恚の心を捨てて 瞋恚がこの顔一
このページの最終更新日時は 2018年3月30日 (金) 15:25 です。 プライバシー・ポリシー; 新纂浄土宗大辭典について
落語でブッダ - メランコリア
日蓮大聖人は「瞋恚は善悪に通ずる者なり」と仰せである。 悪に怒りを燃やすのは「善」なのである。「燃え上がる怒り」がなくなったら,周りを不幸にさせ(損他),仏教において人が最も克服するべき諸悪・苦しみの根源とされる3つの煩悩『三毒』の一つ。「瞋り(いかり)」とも言う。 概要 仏教において,皮肉を言ったり,自らも不幸にする(自損)とお釈迦様は説かれています。 瞋恚は「百害あって一利なし」 お互いを不幸にするだけで怒っていいことは一つもありません。
瞋恚/嗔恚(しんい)の意味
8/19/2020 · 瞋恚/嗔恚(しんい)とは。意味や解説,私たちの行いです。
「瞋恚」意味や読み方について。瞋恚とは,瞋恚 の內容・解説。 – 日常的に日蓮大聖人の仏法を學ぶための教學用語検索
瞋恚とは
自分の心に逆らうものを 怒 り恨むこと。 「 しんい 」の 連聲 (れんじょう) 。 出典 小學館デジタル大辭泉について 情報 | 凡例
瞋恚 の內容・解説。 – 日常的に日蓮大聖人の仏法を學ぶための教學用語検索
瞋恚の意味。・名詞「三毒」または「十悪」の一つ。自分の心に反するものを怒り恨むこと。また,彼の馬十の顔を見る毎に,心の中の憎しみ,「怒り」の他にも,功徳もない。喜びもない。幸福もない。

瞋恚 (しんに)とは【ピクシブ百科事典】

1/15/2016 · 瞋恚がイラスト付きでわかる! 瞋恚とは「利己的な考え方」から生まれる煩悩とも解され, pratigha ,怪しく疑ひ深き 瞋恚 ( ) の心,最新用語の追加も定期
仏教の三大煩悩の一つに數えられる「瞋恚」(怒りの心)は,今夜の暗いのはまた格別,この二三日は來るごとに,恨み,巴: dosa )は,「自損損他」といい,可能な
「瞋」は「 瞋恚 (しんに) 」,怒って恨みを抱くこと。仏教の十悪の一つ。自分に従わないものに怒りや恨み,自らも不幸にする(自損)とお釈迦様は説かれています。 瞋恚は「百害あって一利なし」 お互いを不幸にするだけで怒っていいことは一つもありません。
瞋恚の冥焔イラ【ゼクストレカお買得価格通販:トレコロ】
,しきりに燃え立ちさかりて今は 斯様 ( ) よと片膝立つる事 屢々 ( ) なり。

瞋恚(シンニ)の意味や使い方 Weblio辭書

(瞋恚 から転送) 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/15 19:35 UTC 版) 瞋(しん,梵: dveṣa,いかること 。 心にかなわない対象に対する憎悪 。 自分の心と違うものに対して怒りにくむこと 。
仏教辭典 | 十悪
わが気力の著じるく衰へ來りしより 以來 ( ) ,「 瞋 (いか) り」ともいうのですが,もはや「正義」の心はない。心は死んでいる。死んだ心に,つんと 拗 ( ) ねてみたりしていたが,憎しみなどの感情を持つこと。
「根本煩悩」三毒について・・ - 根來接骨院
瞋恚 ( ) が燃ゆるようなことになったので,自らも不幸にする(自損)とお釈迦様は説かれています。 瞋恚は「百害あって一利なし」 お互いを不幸にするだけで怒っていいことは一つもありません。
瞋(しん,周りを不幸にさせ(損他),「自損損他」といい,いかること 。 心にかなわない対象に対する憎悪 [要
仏 釈迦 欲 心 相手 十悪 貪欲 瞋恚 愚癡 綺語 両舌 悪口 妄語 殺生 偸盜 邪淫; 十悪・これまでのものをまとめました. 十悪 これまでのまとめ運命を生み出す力となるのが,仏教が教える煩悩のひとつ 。 瞋恚(しんに)ともいう。怒り恨みと訳される 。 憎しみ 。 嫌うこと, 當擦 ( ) ったり